ロシアW杯毎晩熱い戦いが繰り広げられているロシアワールドカップ。
クロアチアがイングランドを下して決勝進出を決めました。
クロアチアは初の決勝進出、フランスは1998年の自国開催以来2回目の優勝を狙います。チーム事情、試合スケジュールから考えれば若干フランスが優位に見えますが、果たしてどちらが世界一の栄冠に輝くのでしょうか?

ワールドカップ決勝カード決定!


亀です。
ついにワールドカップの決勝カードが決定しましたね。
フランス対クロアチア、正直全然予想していなかったカードです。

ポルトガルが来ると思ったら早々に負け、ブラジルが来ると思ったらベルギーが勝ち、そのベルギーが勢いに乗るかと思ったらフランスに…。
勝敗予想が1個も当たりません。
逆の島はスペインが来ると思ってたので、ロシアに負けた段階で予想を辞めました。
そんなこんなでしたが、決まってみれば面白いカードですよね。
あまり攻撃の幅が広くない、良く言えば戦い方のはっきりしている感じのフランス。
世界トップクラスのゲームメーカーを中心に、攻撃・守備とも高い水準でまとまった欠点の無いクロアチア。

軽快なパス回ししたときの「〇〇ッチ〇〇ッチ」のリズムも楽しいですし。
今から非常に楽しみな決勝戦です。


そんなフランスとクロアチアのアダルトグッズ事情は…?


愛とセックスの国、フランス
まずはフランスから。
愛の国と呼ばれるくらい男と女のあれこれに積極的なイメージのフランスですが、エロい事やSEXに対しても日本に比べてだいぶオープンみたいです。
アダルトショップもオシャレ。


boutique-saintecroix-img004-10_2_1526983229
“passage du desir:https://www.passagedudesir.fr/

日本のアダルトショップ的な卑猥さは感じさせません。
取扱いはDVDはほぼ無いようで、アダルトグッズ専門店の様相を呈しています。
男性向けグッズはオナホールが少なく、器具とアナル用が大半
少ないオナホールのラインナップがほぼTENGAさんなのは流石というべきか…。
そんなおフランスでは、デパートの一角にもアダルトグッズコーナーがあるというからオドロキです。
フランスの女性たちは周りの目も気にせず当たり前のようにアダルトグッズを物色するそうですよ。
ちなみにスーパー等で売られているコンドームなんかも、ペニスリング付きが普通に販売されてるそうです。
とにかく性に対してオープンなおフランス。
日本ではまだまだアブノーマルな部分も、フランスでは当たり前なのかもしれません。
気持ち良い事に対して素直で真摯、愛の国は伊達じゃありませんね。

クロアチアはグッズよりSEX? 
対してクロアチアは、アダルトグッズはあまり一般的な遊びでは無いみたいです。

2318
“社会実情データ図録:http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2318.html

男性向け避妊具の大手メーカーDurex社でのデータでは、年間SEX回数世界2位(満足度も高い!)という実力を叩き出しているにも関わらず、 イギリスのオンラインクーポン発行サイトVouchercloud社の発表した「大人のおもちゃに関連するワード検索数」では14位。
さらに「世界のエッチなトリヴィア(著:石原行雄)」によれば、アダルトグッズを使ったことがあると答えた割合は19%と、世界平均と同じ割合です。
様々なデータを引っ張り出すとクロアチアは、グッズに興味が無いわけではないけれど、とにかく体と体をぶつけ合うSEXが大好きという姿が見えてきます。
年間SEX回数もそうですし、ヌーディストビーチなんて夢の砂浜があるくらいなので、性に関しては非常にオープンだとは思いますが。
おもちゃなんか使ってる場合じゃないくらいテクニシャンってことですかね?

お国柄がはっきり見て取れる結果となりましたが、どちらの国でも、ご当地(?)オナホールの情報はほとんど出てきませんでした。
少なくともこの2か国に比べ、日本人がいかにオナホールに真摯に向き合い研究を重ねているかということが判明。
文明開化と共に性に対しておおらかじゃ無くなってしまった日本だからこそ、オナホールの文化が花開いたというべきでしょうか?
そこは胸を張って世界に誇れる部分かもしれませんね。

色々な意味でワールドカップを楽しむ


ワールドカップに話を戻しまして…。
それぞれのお国柄を想像しながら中継を見れば、サポーター女性がちらっと映るのが今まで以上に楽しくなっちゃいそうです。
ハーフタイム15分あれば十分オナホールも使えます。
前半熱くなった分はハーフタイムでしっかりクールダウンしてから後半戦に臨む。
後半戦が終わったら余韻に浸りながらオナホールで気を落ち着ける。
決勝戦は日取りも良く、多くの方が試合を見れると思いますが、深夜の決戦になるので、その後の体のケアも十分に行って下さいね。