ぺろりん箱オナホール界を大きくジャンル分けしたときに、早い段階で出てくるであろうフェラホール。 そんなフェラホールの中でも確固たる地位を築いた「真実の口」シリーズでは最新作の「ぺろりん」をレビューしてみます。

フェラホールとしてのフォルムは抜群

オナホ真実の口ぺろりん箱

今回は一時代を作ったと言っても過言ではないであろう真実の口シリーズの最新作、「真実の口ぺろりん」を試してみます。
元祖よりさらに幼さを感じさせるパッケージにマジックアイズの本気度を感じますね。

オナホ真実の口ぺろりん本体

本体は商品名にもなっているぺろりんよろしく、舌がぺろんとはみ出てます。
引っ張るとかなり伸びます。
フェラホールの造形はなかなか難しいもので、顔下半分だけでも可愛いイメージかブスなイメージかが明確に分かれちゃいます。
そういう意味では真実の口シリーズはどんどん洗練されていくイメージですね。
幼くなっていくのはまた好みが分かれるところだと思いますが。

オナホ真実の口ぺろりん歯

シリーズの最大の売りで、初めて搭載されたときはフェラホール界に衝撃を与えた「歯」は健在。
デコピンしたらコツコツ音がするくらいちょっと硬めです。
一応舌の裏にもちゃんと下の前歯が搭載されています。

オナホ真実の口ぺろりん口広げたところ

がばっと開いたら奥はちょっと狭い感じですね。
喉ちんこは見えません。
舌がだいぶだらしない感じです。

オナホ真実の口ぺろりん内部構造

公式の断面図では真空喉輪締めというどこかで聞いたことがあるようなギミックがあるようで、これが今回の内部構造の売りのようです。

「色々できる飛び出した舌」が何を出来ることを表しているのか色々考えてしまいますが、まずはオナホールとしてのストレートな使い方をしてみましょう。

真空喉輪絞めの威力は絶大。舌は飾り。

ぶっちゃけ舌も歯もいらないんじゃないかと…。

オナホールとしてのクオリティは高いと思います
・狭そうに見えたのに、なんのストレスも無くするっと入っていく柔らか素材。
・しっかり窄まって竿を刺激し続けて射精感を的確に煽る真空喉輪締め。
・真空喉輪締めとのコンビネーションでしっかりバキュームが活きる最奥の構造。
・ウネウネとかゾリゾリとかデコボコとか、極端なギミックにしなくてもしっかり気持ち良い壁面。
これだけでオナホールとしては本当にハイクオリティ。

対して、歯は特に気持ち良いものじゃなくて当たると気が散る。
舌はそもそもたまに袋に当たるだけで存在感が無い。
売りのはずの2つが全く機能していない状況に、使っている途中から少し悲しくなってくる始末でした。
もちろん見た目と言う意味ではその役目をしっかり果たしていますし、フェラホールという性質上、精神的な部分や雰囲気の為には欠かせない要素なのもわかりますが。
身体的快感という面で見たら完全に蛇足なんじゃないかと感じてしまいます。

先にも述べましたが、オナホールの一番大事な部分である気持ち良さという部分では非常におすすめ出来ます。
どうしても歯が気になるようであれば、真実の口シリーズのアイデンティティでもありますが、思い切って取ってしまうのも一つの手かもしれません。
その位の工夫ならしてみてもいいかなと思わせるだけの性能は持っていると思います。



今回レビューしたオナホールはこちら
↓↓↓
マジックアイズ「真実の口ぺろりん