ラビアンローゼズクリスタルハード箱マジックアイズが発売するオナホール、ラビアンローゼズシリーズ。ノーマル、ソフトに続きついにハードバージョンが登場しました。クリスタルハード系オナホールとしてはぐちょ濡れモンスター覚醒、すじまんくぱぁろりんこに続き3作目となります。独自構造、覚醒ギミックを搭載したラビアンローゼズがハード素材になってどうなったのか、試してみます。

特徴的な覚醒ギミックとY字型2WAY構造


ラビアンローゼズクリスタルハード箱
今回はラビアンローゼズ~クリスタルハード~をレビューします。
これまで2種類が発売され、今回は初のハード仕様とのこと。
パッケージもすじまんくぱぁろりんこ~クリスタルハード~と同様、クリスタルっぽい色になってます。

ラビアンローゼズクリスタルハード本体
外側はクリスタルハードの名の通り、透明の素材が使われています。
内部は二層構造で色付きの素材が使われていますね。
もともと「極彩」として発売されたラビアンローゼズだけに、アウター越しでも発色の良いのが見て取れます。
アウターの素材は結構固めで、ベタつきもかなり強めです。
対して内部素材は普通からちょっと柔らかめくらいに感じますね。

重量は700gと中型オナホールとしてはかなり重い部類です。

ラビアンローゼズクリスタルハード挿入口
入り口はビラビラがでかいです。
前が存在感を発揮している分、アナルがすごく小さくみえちゃいます。

ラビアンローゼズクリスタルハード本体横
横から見るとY字型2WAY構造がよくわかります。
前とアナルで違う入り口から、途中で合流する形でY字型です。
これによって2穴オナホールの最重要課題ともいえる肉薄感の解消に繋がるようですので期待ですね。

販促2
内部構造は前の穴から入ればイボメインのうねった道、アナル側はシンプルな横ヒダとなってます。
特徴的なのがヴァルゴ膜と覚醒薄膜。
ヴァルゴ膜が処女感を出すのはわかるとして、問題は覚醒薄膜です。

販促3
画像のように、使っているうちに覚醒薄膜が破れて使用感が変わる、ラビアンローゼズシリーズの特徴といえるギミックですね。
どの程度使い込めば良いのかは謎です。
いろいろな機能を盛り込んだ贅沢なオナホールな感じですが、どのような使用感になるのでしょうか。

ギミックを活かしきれていない感が拭えない

オナホールの至上命題、快感と射精感を促すという意味では一定の水準は超えていると感じます。
触感としては、ハード感はほとんど感じないくらい優しい仕上がりになってます。
ある程度内部の構造がわかる程度の固さは残しつつも、全体としてはむしろまったりに近い柔らかさを感じます。
肉厚は十分あり、イボ・ヒダ自体はシンプルな配置なので安心して使えるのは間違いありません。

ですが、これだけのギミックを搭載したにしては、「現状では」あまりにもシンプルな使い心地といわざるを得ません。
良かったポイントとしては、ヴァルゴ膜がしっかり活きていたこと。
強めに突っ込むことで、プチンという小さな抵抗とともに奥に新しい道が現れるのは使っていて楽しい要素です。
勿体無いのは1回しか楽しめないことですが、こればっかりはいたしかたないですね。

残念な点としては2つ。
1つ目はアナル側が使い物にならない点。
ヒダをかろうじて感じることはできますが、ほぼ平らな筒に出し入れしてる感が拭えません。
2つ目は合流後のマンネリ感。
構造上当たり前ですが、前ルートと合流してからは使用感に違いがないので、先端に感じる快感は前からでも後ろからでも結局変わりません。

そして先ほど「現状では」と言った理由はこれなんですが、覚醒ギミックに関しては、さすがに一回の使用では覚醒してくれなかったので判断できませんでした。
もしかしたら覚醒後の巨大イボで激変するんじゃないかという淡い期待を抱きながら何度か使ってみるしかないですね。

それと、使用感以外で残念な点が1つ。
洗いにくいという点もあります。
2穴な上、両方とも比較的狭い穴となっているので洗浄後の水気を取るのがちょっと手間です。
他のオナホール以上に何度も使うことを重視したコンセプトのオナホールだけに、メンテナンスの煩雑さというのは気になってしまう点ですね。

上記の通り全てのギミックを体感できたわけではないですが、その上で判断するなら、気持ち良さ的には可もなく不可もないオナホールです。
覚醒後の使用感が大きく変わらない限りは、金額的にはちょっと高く感じてしまうかもしれません。
ゴリゴリハードなものを求める人にはあまりおすすめできず、むしろある程度刺激があったほうがいいけど全体的には柔らかい方が良いという人におすすめしたいオナホールでした。


今回レビューしたオナホールはこちら
↓↓↓
マジックアイズ「ラビアンローゼズ~クリスタルハード~」