ラミア_箱上下に大きいイボを交互に並べてみよう。そんなコンセプトだったライドジャパンのヴァージンエタニティとほぼ同時期に、ほぼ同じコンセプトで発売されていたのがエーワンの衝凸ラミアです。同じコンセプトのオナホールが、メーカーが違うとどう変わるのか楽しみです。

上下に大きなイボが連なる印象的な構造

ラミア_箱
ラミア_設定

今回はエーワンから発売されている衝凸ラミアをレビューしてみます。
コンセプト自体はヴァージンエタニティとまさかの丸かぶりでしたが、パッケージのキャラクターに設定をつけるあたりはエーワンが一枚上手。
このキャラ設定で無理矢理オナホールとの統一性を図っているともいえますが。
とはいえ結局はどっちのオナホールが気持ち良いのかって話なので、このキャラ設定はふわっと流し読み程度で使い心地で勝負していきましょう。

ラミア_本体

本体はモコモコした感じで、挿入口へ続くおちょぼ口形状が特徴的です。
画像
ちゃちいライトセーバーみたいです。
硬さは普通程度ですがちょっと張りが強め、においは気にならない程度でベタつきは殆どありません。
重量は300g程でヴァージンエタニティより約100g軽くなってます。

ラミア_挿入口
 
入り口周りはシンプルですが、穴に向かってすり鉢状にへこんでいるのが特徴的ですね。

ラミア_裏返し
 
裏返してみるとやはり既視感のある見た目です。
イボがあってそのイボにイボやヒダがついていて…。
ヴァージンエタニティが一層だったのに対し、衝凸ラミアは2層構造で外部素材と若干色味が変わっているのがわかりますが、全く同じ色で出されたらどっちがどっちか迷うレベルで似ちゃってますね。

ラミア内部構造

公式画像でみると、違いはイボの角度と一番奥に設置された突起なのが分かりますね。
多少の違いがあるとはいえ、ムスコがこの違いを判別できるかちょっと心配ですね。

上下のモコモコ感のバランスが素晴らしい

結構わかりやすく違いましたね。
特に違ったのは上下のイボの当たり具合です。
ヴァージンエタニティの場合は上側に刺激がかなり偏っていましたが、衝凸ラミアは上も下もほぼ同等の刺激が感じられ、上下でモコモコするギミックとしてはより分かりやすい調整が為されています。

特に突っ込むときにそのイボ達がそれぞれ主張して快感を生むのが顕著です。
逆に抜くときは、コリコリが当たる感覚はしっかりあるものの、ヴァージンエタニティのような引っかかってプラスの快感を生むような構造にはなっていないので、ヴァージンエタニティに軍配が上がる気がします。

また奥までついてグリグリ動かす場合は、衝凸ラミアの場合は突起がついているので楽しさはあります。

構造は似ていますが得られる使用感は全く違う結果となった両者、ここは正直好みの分かれるところだと思いますので、簡単にまとめてみます。

・衝凸ラミア
全体をバランス良く刺激する。
進入時の快感が強い。
奥の突起に存在感あり。

・ヴァージンエタニティ
ムスコ上側への刺激に偏る。
引き抜き時の快感が強い。
肉厚感あり。


好みもありますし甲乙つけがたいところではありますが、似たような使用感・満足感というところを踏まえれば、コストパフォーマンスが良い分だけ衝凸ラミアのほうがおすすめし易いかもしれません。



今回レビューしたオナホールはこちらから
エーワン「衝凸ラミア
Amazon