即ハメボンバー箱即ハメボンバーや即ハボなんて言葉は少し前から一部の界隈でよく使われている言葉ですが、 その言葉をそのまま商品名にしてしまったオナホールがタマトイズから発売されています。
「即ハボ必至なオナホール」という謎の言葉もパッケージ裏に記載されていますので、相当なボンバーに期待ですね。

螺旋とイボのシンプル構造

即ハメボンバー箱
 
今回はタマトイズから発売されているむっちり即ハメボンバーをレビューしてみます。
タマトイズと言えばちょこちょこパロディホールを発売しているイメージの強いメーカーです。
そもそもメーカーのキャラクターがパロディですし。
今回のパッケージがパロディかどうかは判断つきませんが、タイトルは一部で人気の単語ですね。
その名に恥じぬ人気ホールになるでしょうか。

即ハメボンバー本体
 
本体はもこっとしたかんじのシンプルな外見です。
硬さは普通ぐらいでベタつきはあまり気になりませんが、臭いはちょっと気になりますね。
重さは230gと少し小ぶりな印象です。


即ハメボンバー挿入口

挿入口は一応それっぽくしましたという感じの造形。
穴は少し小さめに作られています。

即ハメボンバー裏返し
 
裏返ししたのがこちら。
入り口から全体的にロープが巻かれているような作りになってますね。
一番奥は大きめのイボが見えます。
目立つのはこの二つだけなので、構造としてはシンプルなようですね。

即ハメボンバー内部構造
 
公式の内部構造で見ても、基本的な構造は裏返しにしてたときと印象は変わりませんね。
ポイントは奥に進むにつれて穴が狭くなっていくこと、そしてロープが螺旋状に巻かれていたということでしょうか。
細いほうにどんどん吸い込まれるような感覚が実現できていれば期待できますね。

ゴツゴツゴリゴリ面白くない

率直な感想は、面白くも気持ち良くも無い、ですね。

ロープの螺旋ゾーンは、ただゴリゴリゴツゴツと連続してぶつかるだけで、そこに快感は生まれません。
素材がさほど柔らかくないオナホールでここまでギミックを大きく作るとこうなる、という見本ですね。
いっそハード系オナホールとしてゴリゴリゴツゴツを楽しませるコンセプトなら、このような形でもまだ納得はできますが、そもそも射精感を煽らないので難しいとこですね。

奥が細くなっているのも、螺旋の刺激が強すぎることであまり活かされていないように感じます。

同様に、一番奥のイボイボも存在感が希薄です。
刺激のほとんどを螺旋部分にとられてしまっているので、その奥に申し訳程度のイボがあっても…という感じです。
構造をぱっと見た感じでは期待が持てただけに、このバランスの悪さは本当に残念でした。

強すぎない程度の刺激系が好きな人には辛うじておすすめ出来なくは無いですが、 使っていて特に面白い要素も無いので、正直どの層にもあまりおすすめできないオナホールだと思います。



今回レビューしたオナホールはこちらから
タマトイズ「むっちり即ハメボンバー
M-ZAKKA
NLS