ヴァギナフィッターズ箱ライドジャパンから発売されているヴァギナフィッターズ。
今年発売されたオナホールとしてはヴァージンループダリンセブンハードが非常に実用性が高かっただけに、 それに続いてクオリティの高さに期待してしまうのが人間の性。
大きな期待を胸に試してみましょう。

圧力を加えて狭い穴を作る新(?)技術

ヴァギナフィッターズ箱

今回はライドジャパンのヴァギナフィッターズをレビューしてみます。
売りとしては通常の丸い穴にギュっと圧力をかけてペッタンコの穴を実現したとのこと。
ヴァギナフィッターズ圧縮画像
最初から狭い穴を作るのと何が変わるのかはわかりませんが、 それでヴァギナがフィットするようなオナホールということですね。

ヴァギナフィッターズ本体
本体は少し細めの形状をしています。
素材はいつものバンジータッチ
特筆すべきはこの大きさで重量は290g。
ヴァージンループが264gということを考えれば、それより細くて重いということで、 圧縮して小さくなり、その分密度は濃いということが言えそうです。
硬さは少し柔らかめ、臭いもベタつきも気にならない程度です。

ヴァギナフィッターズ挿入口

ヴァギナフィッターズくぱぁ
挿入口を開いてみると、はっきりとはわかりませんが何やらヒダのようなものが見えますね。

ヴァギナフィッターズ裏返し
裏返してみても真ん中あたりにヒダゾーンがある以外はあまり目立ったギミックは感じられません。
若干斜めにスジが入っているくらいですね。

ヴァギナフィッターズ内部構造
公式を見てみると、全体的に色々な方向にヒダやスジが入っているようです。
所謂無次元構造というやつでしょうか。
肝心の穴のサイズは、画像で見る分にはさほど潰れているようにも狭いようにも感じませんね。

見た目やいじくり回してみた感触ではあまり狭いという印象は受けませんでしたが、 実際使ってみたら変わるのでしょうか?
微かな疑いの心を持ちつつ試してみましょう。

コンセプトはわかるが面白くない。

射精できるのに面白くなくてモヤモヤするオナホールです。

挿入直後から押し返されるような抵抗を感じるので、狭い、圧縮、といったコンセプトにはしっかり沿っています。
グッと押し込んでは押し返されるという、掻き分けてる気分はちゃんと味わえます。
残念なのは、ただそれだけのオナホールになってしまっていること。

内部にランダムに走っていたヒダやスジはほとんど存在感がありません。
のっぺりとした肉にただ出し入れしているだけのような錯覚を覚えるレベルです。
柔らかい素材だからこそ掻き分ける感覚を生み出せたのかもしれませんが、 逆に柔らかい素材だからこそ内部のヒダスジが全部潰れてしまった感じですね。
もったいないところです。

ただ射精できるか出来ないかでいえば、素材のバンジータッチ自体のクオリティが高いので射精できますが、 あくまでも素材に助けられたと言わざるを得ません。
変化や遊びが無いので本当にただの性処理アイテムになってしまっている感は否めませんね。

ハード素材ではない圧迫感を得られるという意味では全くおすすめ出来ないとは言いませんが、 面白みのあるオナホールでは無いので注意が必要ですね。



今回レビューしたオナホールはこちらから
ライドジャパン「ヴァギナフィッターズ
amazon
NLS