メイドさんのチェリーパイ箱TEPPENから発売されているメイドさんのチェリーパイ。
前回の試食コーナーの妻夫木さんと一緒に発売されたオナホールです。
人妻にメイドと、なかなかベタベタな設定を持ってきましたね。

期待に胸が膨らむでかおっぱい

メイドさんのチェリーパイ箱
 
今回はTEPPENから発売されているメイドさんのチェリーパイをレビューしてみます。
前回レビューした試食コーナーの妻夫木さんとの同時発売だったようです。
どシンプルな横ヒダが思いの外使い心地が良かったので、こちらも期待してしまいますね。

メイドさんのチェリーパイ本体
 
外見は妻夫木さんとは打って変わって、おっぱいの大きなトルソー型のオナホールですね。
パッケージ絵の再現性という意味ではメイドさんの方が高いです。
硬さは普通程度ですが、指で押すともちっと沈んでもちっと戻る不思議な反発力を持った素材が使われています。
臭いとベタ付きがほぼ無いのは妻夫木さんと同様です。
大きく違うのは重量ですね。
288gとそこそこ手応えのある重量になっています。
妻夫木さんが210gだったことを考えると、値段に対しての重さでのコスパはメイドさんの方が良いですね。
もっとも、おっぱいにどれだけの重量を持っていかれているかわかりませんが。
メイドさんのチェリーパイ乳首
 一応乳首もついてます。

メイドさんのチェリーパイ挿入口
挿入口はそれっぽい形になっています。
穴の位置が若干下気味なのが気になるところです。
奥の方がどうなっているかは全然わかりませんね。

おっぱいが邪魔して裏返しに出来ないので、内部構造は公式の画像をみてみましょう。
メイドさんのチェリーパイ内部構造

スタートは肉パイプ、奥はイボ、それ以外の部分はうねる様にヒダが走っています。
どシンプルだった妻夫木さんとは随分趣の違う、今風の内部構造ですね。
なんとなく最初の肉パイプの主張が激しそうですが、全体的にもだいぶ複雑な感じが想像できます。

2つ一緒に出して両方良かったってことはあまり印象がないですが、 ここまで構造が違うとそもそも別ジャンルのオナホールとして楽しめそうです。

複雑さ故のいつものアレ

みんながみんな主張が控えめなオナホールでした。

素材の触り心地は悪くないのですが、色々ギミックを詰め込んだオナホールにありがちな罠に陥ってしまった 感が否めないですね。
今どこに何が当たってるかわからない、ということは無く、肉パイプが当たってるとかイボゾーンに突入したとか 意識すればわかるのですが、それぞれの刺激がさほど高くないので全体的にもやっとしてしまっています。

もっとも、全てがのっぺりして気持ち良くない、というような物ではなく、 徐々に射精感は高まってくるので、実用性が低いというわけではありません。
良く言えば全体が調和して違和感の無いまったり感が楽しめるということではあるのですが、 はっきりとした特徴がない分飽きも早いかもしれません。
総じて長期戦で楽しみたい人向けのバランスになっていますね。

挿入してからの使用感は好みが分かれるのでどちらが良いかは難しいところですが、 1つだけ「コレハヨクナイ。」と感じる部分が挿入口の作りですね。
斜めの土手の下の方に穴が開いており、その穴も小さめなのでとにかく挿れにくいです。
ローションのヌルヌルも合わさって、何度もメイドさんのヘソの方に滑ってしまいます。
よっしゃ挿れるぞってところで挿入に苦戦しちゃうのは残念なポイントですね。

ハードな刺激がほしい人には向かないですが、 もっちりとした触り心地にモコモコとした柔らかい刺激で、ゆっくり楽しむ人にはまずまずおすすめできるオナホールでした。


今回レビューしたオナホールはこちらから
TEPPEN「メイドさんのチェリーパイ
M-ZAKKA
NLS