ウテルスDuo箱
マジックアイズから発売されている極彩ウテルスDuo。
たま~に発売される極彩シリーズで以前発売されていたウテルスの新バージョンです。
Duoの名前とパッケージの二人女の子の通り、二穴ホールとなっています。

画期的内部構造は果たして・・・?

ウテルスDuo箱

今回はマジックアイズから発売されている極彩ウテルスDuoをレビューしてみます。 
ぱっと見は貫通ホールっぽいですが、非貫通二穴ホールのようです。
大抵の二穴といえば挿入口や内部の穴を上下又は左右にずらして、オナホールの内部長を確保したりするのですが、 このウテルスDuoは一風変わった形での二穴を実現しているようですね。

ウテルスDuo本体

本体は両端が肌色で真ん中が小豆色の不思議な配色となっています。
触り心地は柔らかめの素材となっており、臭いはちょっと気になる程度、ベタつきはほぼありません。
重量は430gと中型ホールとしては重い部類。
全長は150mmと一般的な長さですが、でっぷりと肉厚になっているため見た目にも重量感を感じますね。

挿入口は左右についています。
こちらが姉。
ウテルスDuo挿入口姉

ちょっとそれっぽい見た目になっています。
 こちらが妹側。
ウテルスDuo挿入口妹

つるんとしており、凝った感じはありません。

構造上裏返しにできないので、公式の画像をお借りしましょう。
ウテルスDuo内部構造1
ウテルスDuo内部構造2

 両側から挿入でき、真ん中に異次元ポルチオと名づけられた壁が存在しています。
妹側は横ヒダメインの比較的普通の形をしていますが、特筆すべきは姉側。
妹側から入れたときの子宮口的な部分が姉側に進入しちゃっています。
姉側がめっちゃ短いのかと思いきや、押し込むと裏返って先端を包み込むという仕組みらしいです。

内部が裏返るというのがどのような快感に繋がるのかまったくの未知数のオナホール。
これはもう試してみるしかないですね。

ちゃんと二穴ホールとして成立してるが…

一個で二度美味しい二穴ホールの基本はしっかり押さえてます。

妹側は大き目の横ヒダが連続して絡んできます。
刺激自体はそこまで強くなく、肉厚もあるので包まれている感覚が味わえます。
ポルチオ部分もあまり明確な刺激ではなく、ソフトに奥まで突ける感覚です。

逆に姉側はポルチオのキュポキュポ感に特化した感じですね。
前半部分は短いため、若干のイボ等があるはありますがほとんど存在感は無し。
その分ポルチオ部分の裏返りがしっかり感じられます。
亀頭に刺激が集中する分、全体を包まれている感覚は妹側よりも弱いですね。

どちらを選んでも十分に射精まで辿り着けるだけの気持ち良さは備えています。
両穴共に実用性を備えている二穴ホールは結構希少だったりするので、そういう面でも評価できると思います。

ただ残念なのは、数回のストロークでポルチオ部分の膜が破れ貫通型になってしまったこと。
たまたま耐久性が弱い固体だったのか、それともそこまで織り込み済みで、同じ極彩シリーズに搭載されている覚醒ギミックだったのか。
仮に覚醒ギミックなら、ラビアンローゼズは5~6回使ったくらいでは覚醒しなかったのに、随分ハードルが下がったなと。
気持ち良さが損なわれたわけではないですが、気分的に若干落ち込んだのが正直なところです。

総括としては、しっかり肉厚のボディに包まれる感覚と、左右の穴でしっかり挿入感が変わること、どちらも実用性は高いということで、おすすめ度は高いオナホールですね。


今回レビューしたオナホールはこちらから
マジックアイズ「極彩ウテルスDuo
amazon
NLS