ドジッ娘箱Teppenから発売されているドジッ娘。
紐に絡まっているパッケージが印象的ですが、いかにしてオナホールでドジっぷりを表現しているのでしょうか。

色々詰め込んで混沌とした内部構造

ドジッ娘箱

今回はTeppenから発売されているドジッ娘をレビューしてみます。
過去のラインナップからも複雑な内部構造がお気に入りに感じるTeppenですが、 複雑すぎてピンとこない感も否めないところがあります。
今回のオナホールは果たしてどのように仕上がっているでしょうか。

ドジッ娘本体

見た目は割りとシンプルな、捻じれを思わせるもこっとした形ですね。
前作までと同様、反発力の強いプリッとした触り心地の素材が使われています。
重量は280gで臭いやべた付きはほぼありません。

ドジッ娘挿入口

挿入口は大きなビラビラにこれまた大きなクリトリスがやたらと出っ張って主張してますね。

ドジッ娘裏返し

裏返してみると、中央部に細かく様々なギミックが入り組んでおり、構造がなかなか想像しにくい内部となっています。
逆に先端はツルンとしてますね。
真ん中あたりに見える輪っかみたいなものがちょっと気になります。

1000-1000-2-1

公式の画像でみてみても、やっぱり何が何やら…。
気になった輪っかの部分はそのまま吸盤のような機能があるとのことです。
それ以外はイボやらヒダやら肉パイプやらと、とにかく何でも盛り込んでみたといった感じですね。
裏返したときはわかりませんでしたが、先端は肉パイプがついているようです。

大きく目立つ中央の輪っか状の吸盤がどんな働きをするのか。
それ以外のごった煮のような内部構造がどんな使用感になるのか。
早速試してみましょう。

わかるのは吸盤部分のゴツゴツ感

真ん中あたりに大き目のゴツっとした塊がある。

使用後の感想はそれにつきますね。
吸盤状の部分は、吸盤としての役割はまったく果たしません。
小さめの穴の中で、ストロークの度にゴツゴツと竿側面に当たってくる塊になっています。

その他の部分は一つ一つのギミックの範囲が狭いため、どれも効果が薄くなってしまっています。
張りと反発力が強い素材ということも相まって、どのギミックも「小さめのイボっぽいものがブツブツ当たってくる」といった刺激に落ち着いてしまい、それぞれの構造が生かされていないように感じるのも残念です。

総合的に、どの部分でどういう刺激を生むのかという、それぞれの構造の意図がわかりにくいオナホールになってしまっていますね。
比較的きつめ、狭めの設定になっているので、そんなタイプが好みなら楽しめるかと思います。


今回レビューしたオナホールはこちらから
Teppen「ドジッ娘
amazon
M-ZAKKA