ぬるぬる昇天リップルズ箱
ライドジャパンから発売されているぬるぬる昇天リップルズ。
ヴァージンループ等のイメージが強いだけに、ライドジャパンの小さいオナホールというといまいちイメージが浮かびませんが、果たして。

大丈夫か?と思う程度には小さい本体


ぬるぬる昇天リップルズ箱

今回はライドジャパンから発売されているぬるぬる昇天リップルズを試してみます。
どう見てもオナホールの長さは確保できていないんだろうな、と思わせるこのサイズの箱はとても久しぶりに見た気がしますね。

ぬるぬる昇天リップルズ本体

本体がこちら。
全長10センチの実物を実際に目の当たりにすると、数字で想像する以上に小さく感じます。
素材はしっとりもちもちのバンジータッチ。
もはや「いつもの」で済んじゃいそうなくらい浸透してきている気がします。
べた付きはほとんどありませんが、若干気になる程度の臭いはあります。
重量は120gと見た目通りの軽さで、長時間プレイもドンと来いといった感じです。

ぬるぬる昇天リップルズ挿入口

これだけ小さくても、挿入口は一応それっぽい造形になってますね。
申し訳程度感がハンパ無いですが。

ぬるぬる昇天リップルズ裏返し

裏返しにしてみると、全体的にヒダっぽい物が走っているのがわかります。
これと言って目立った突起などは無いですが、とにかく全部がモコモコしてますね。

2-1
 
公式の画像で内部を確認すると、全体が網目で覆われているのがわかりますね。
そしてそれ以外が無いという潔い構造です。

この位のサイズではあれこれ盛り込むと収集が付かなくなりがちな気がしますので、このくらい潔い方が使う方も心の準備がしやすいですね。

小さい割には頑張った感

小型ホールということを感じさせないくらいには実用性ありです。

全体が網目になっている内部構造は、色んな角度からある程度の引っかかりを生むので単調になりにくく、ストロークする楽しさがあります。

肉厚も最低限はあるので、内壁の柔らからさもしっかり感じられる良い感じのバランスになっていますね。

惜しむらくはその短さ。
小型ホールの宿命ともいえますが、やはり根元までは全然カバーしきれず、思い切り突っ込むとある一定のところで突っ張る感触が生まれてしまうのは辛いところですね。

総括すると、高いポテンシャルを秘めた構造ではありますが、文字通り体が付いてこないというアンバランスでもったいないオナホールでした。
かといって仮にこのままの構造のロングタイプが出てしまうと「悪い事は無いがピンとこない」みたいなつまらないオナホールになりそうなので、このサイズが正解なのかもしれません。
コスパを考えれば十分アリですね。


今回レビューしたオナホールはこちらから
ライドジャパン「ぬるぬる昇天リップルズ
amazon
NLS