ヴァギナブリッツ箱ライドジャパンの2作連続となる小型ホール。
前回の小型ホールがサイズ以上の実用性を発揮してくれただけに今回も期待できそうです。

不安になるほどシンプルなヒダホール

ヴァギナブリッツ箱

今回はライドジャパンから発売されているヴァギナブリッツをレビューしてみます。
前作に続き小型のホールということで経済面では嬉しいですが、オナホールとしての実用性が中型ホールから著しく落ちてしまっては本末転倒。
安かろう悪かろうではないことを祈りつつ試してみましょう。

ヴァギナブリッツ本体

全長10センチと重量100gと、まさに小型ホールといった外見です。
素材はバンジータッチが使われており、柔らかさは普通程度でもちっとした質感ですね。
ベタつきはほぼなし、臭いも気にならない程度です。

ヴァギナブリッツ挿入口

挿入口からは内部にボコッとしたものがチラついています。
挿入直後から何かしらのギミックがありそうです。

ヴァギナブリッツ裏返し

裏返すと現れたのは、びっしりと敷き詰められたヒダっぽいもの。
ヴァージンループ程ではありませんが、かなりヒダに寄ったオナホールのようです。

ヴァギナブリッツ内部構造

公式の内部構造がこちら。
挿入口から見えたボコッとしたものは入り口だけでしたね。
その奥はやはり全体的に細かめのヒダが所狭しと並んでいます。
ところどころのヒダはちょっとだけ大きくなっており、それで穴が狭くなるようですね。

ライドジャパンらしくない、どこかで見たようなずいぶんシンプルな内部構造のオナホールですね。
サイズが小さい分シンプルなほうがわかりやすく使いやすいという傾向はありますが、シンプルすぎずに実用性を伴っているのかがポイントですね。

見た目以上のシンプルさがつまらない

本当にシンプルな横ヒダホールでした。

入り口の丸い塊は正直ほとんど期待してなかったのでほぼ空気だったことは想定内でしたが、ところどころの狭くなっている部分も、周りのヒダの感触とほぼ変わらず。
素材の良い横ヒダホールという、本当にシンプルでわかりやすいオナホールです。

他の横ヒダホールとは違う部分は、当然ですが素材。
これだけ小型でも、肉厚感が圧倒的に足りない、というような事態にはならずそこそこ包まれている感覚が生まれています。
シンプルすぎるヴァギナブリッツの唯一のストロングポイントですね。
素材がストロングポイントだって言ってしまったら内部構造全否定みたいになっちゃいそうですが。

総括として、普段ごちゃごちゃしたオナホールを使っている人には逆に新鮮に感じるかもしれませんが、シンプルすぎてすぐに飽きがくる恐れアリです。
もっとメリハリ効かせてもよかったかもしれませんね。


今回レビューしたオナホールはこちらから
ライドジャパン「ヴァギナブリッツ
amazon
NLS