ヴァージルストロングピッチ箱ライドジャパンから発売されているヴァージンループストロングピッチ。
ヴァージンループといえばライドジャパンの顔という感じになってますが、今回もその名に恥じぬ実力を見せてく れるのでしょうか。

あえてヒダを粗くするという選択

ヴァージルストロングピッチ箱
 
今回はライドジャパンから発売されているヴァージンループストロングピッチをレビューしてみます。
ライドジャパンといえばヴァージンループというイメージが完全に定着してしまっていますが、 その分その名前をつけるからには失敗できないというプレッシャーも半端じゃ無いと思います。
そんな中であえてヴァージンループの名を冠したオナホールとあって、期待せずにはいられないでしょう。

ヴァージルストロングピッチ本体

本体は模様こそ違えど、まさにヴァージンループのシルエット。
使用されている素材ももちもちで少し柔らかめのバンジータッチと、元祖の流れを引き継いでいます。
臭いは若干あるものの気にならない程度、ベタつきはほとんどありません。
そしてここからが元祖と違うところです。
全長と幅が共に約10mm長く大きくなり、重さは390gとほぼ1.5倍にボリュームアップしています。

ヴァージルストロングピッチ挿入口
 
挿入口からはクローバー形状がしっかり確認できますね。

ヴァージルストロングピッチ裏返し

裏返してみると、やはりほぼ全面横ヒダで埋まっています。
通常の元祖のヴァージンループよりも若干目が粗いように感じますが、4本の縦スジと細かい横ヒダの構造はかなり元祖に近いものになっています。

ヴァージルストロングピッチ内部構造
 
公式の画像で内部構造を見てみると、全面の横ヒダ以外はバキュームを生む為の空間だけの超シンプル構造がわかります。
では何が元祖と違うのか。
ヒダのピッチが2mmになったとのことです。
もともとが何mmなのかはわかりませんが、見た目でもなんとなくわかるくらいなので、大きく変わったのだと思います。

あの繊細な横ヒダだからこそ生み出されたであろうゾリゾリ感が、今回の横ヒダになったことでどう変わったのか 。
もしやゾリゾリ感を捨ててしまったのか?
これは使って確かめるしかありませんね。

強さと優しさが同居する素晴らしいバランス感

ヴァージンループはやっぱりヴァージンループでした。

まず元祖で最大の特徴だったゾリゾリ感は、少しマイルドになりながらもちゃんと生き残り強めの刺激を与えてくれます。
ストローク中の押しても引いてもゾクゾクっとくるゾリゾリ感は失われておりませんでした。
むしろ、これでもかと言わんばかりに射精を促す元祖と違い、ある程度の長期戦を許してくれる優しさを感じます 。

またバキュームがしっかり利くので、延々と密着感が失われません。
素材自体は比較的柔らかめなので、このバキュームが無いとゾリゾリではなくソリソリ程度の撫でるオナホールに なってしまうところでしょう。

今回のこの調整は、これまでのヴァージンループでは刺激が強すぎて置いてけぼりになってしまった人たちへ、微調整・最適化したうえで再提案をするようなものに仕上がっています。
また今まで以上に万人におすすめできる素敵ホールが誕生してしまいましたね。


今回レビューしたオナホールはこちらから
ライドジャパン「ヴァージンループストロングピッチ
amazon
NLS