ねじねじとるねーど箱YELOLABから発売されているねじねじとるねーど。
発売種類はさほど多くないものの、出てくる度にちょっと目を引くパッケージのメーカーです。

ヒダに特化の潔い構造

ねじねじとるねーど箱

今回はYELOLABから発売されているねじねじ×とるね~どをレビューしてみます。
さほど発売のペースは早くなく、忘れた頃にぽんと出てくるようなメーカーのイメージですね。
インターバルの長い発売のペースは良い物を作るためだと思いたいところですが、きっと已むに已まれぬ事情もあ るのでしょう。
とはいえ、まずは目の前のオナホールが良い物なのか良くない物なのか、そこが一番重要なわけです。

ねじねじとるねーど本体

本体はつるんとした表面ですが、真ん中あたりに若干の括れがあり持ちやすい形になっていますね。
素材は柔らかめで比較的さらっとした感触になっています。
重量はハンドホールとしては十分すぎるぐらいの480g。
臭いは少し気になるくらい、ベタつきはほぼありません。

ねじねじとるねーど挿入口

挿入口からは中のヒダが見え隠れしています。
縦に溝が入っただけのシンプルな挿入口ですね。

ねじねじとるねーど裏返し
 
裏返すとわかるのが、全体的に横ヒダが走っていること。
それ以外の要素はまったく見られない、シンプルなオナホールにみえますね。

ねじねじとるねーど内部構造
 
公式の画像で見ると、ただの横ヒダホールじゃないことがわかります。
穴が全体的に捩れていますね。
まさにタイトルどおりの構造ということですね。

捩れているといっても基本は全てが横ヒダ。
捩れが新しい何かを生み出すのか、ただの横ヒダホールで終わるのか。
これは大きな分岐点になりそうです。

想像以上の捩れ快感

まっすぐストロークしてるのにめっちゃ捩れてる感覚がありました。

挿入して奥に進むまでは、あまり捩れも感じずに普通の横ヒダホールといった感想でした。
しかし本番はここからでしたね。
抜く動作をしたときに、そこにはたしかに捩れたオナホールがありました。
実際にはありえないのですが、ちゃんと内部が螺旋の如くぐるぐる回っている感覚がそこにはあります。

螺旋系といえばヒダが斜めだったり奥が細くなっていったりと、いろいろな工夫がなされるわけですが、このねじ ねじとるねーどはあくまでも横ヒダ、内壁が渦を巻くように作っているだけなので発想としては至ってシンプルな わけです。

あとはまとわりつくような柔らかさの素材と、しっかり包んでくれる肉厚感。
こんなシンプルな発想でこの渦巻き感が出せるなら、もうみんなこれでいいじゃんって思ってしまうレベル。
おすすめの使い方は「引き抜くときにムスコに意識を集中してください。」これにつきますね。

他のギミックがなくあまり面白みがないのかといえば、そうではなく、この横ヒダ螺旋だけで十分に戦っていける オナホールに仕上がっています。
どんな人にも一度は使って欲しいと思いますね。


今回レビューしたオナホールはこちらから
YELOLAB「ねじねじ×とるね~ど
amazon
M-ZAKKA