ゾリティメット箱ライドジャパンから発売されている淫極ゾリティメット。
タイトルからしてゾリゾリしていそうなオナホールです。
ゾリゾリといえばライドジャパンのお家芸的なところもあるので期待です。

縦横に波とさまざまなヒダが集合

ゾリティメット箱
 
今回はライドジャパンから発売されている淫極ゾリティメットをレビューしてみます。
ヴァージンループに始まり、ゾリゾリに関しては他の追随を許さないであろうライドジャパンが、全方位ゾリ快感をコンセプトにしたオナホールです。

ゾリティメット本体 - コピー

本体はライドジャパンにしては女性器に近いような造形です。
素材はもっちり高弾力のバンジータッチが使われています。
硬さは少し柔らかめですね。
重量は430gと中型ホールとしては十分な重さがあり、臭いとベタつきは少し気になる程度には感じますね。

ゾリティメット挿入口 - コピー

挿入口からは少し中の構造がチラ見えします。

ゾリティメット裏返し - コピー

裏返すとびっしり張り巡らされた横ヒダに、縦ヒダが数本。
なにより目を引くのは縦ヒダと交互に配置されている波型にうねっているヒダです。

4562309511664-2
 
公式の内部画像でも波型のヒダが目立ちますね。
縦横斜めとさまざまな方向からヒダを感じられるようです。

内部構造からはとにかくヒダ好きの為のようなオナホールに見えますが、全方位ヒダとはどのような使用感になっているのでしょうか。

思ったよりゾリゾリしないヒダホール

拍子抜けするほど優しい刺激のオナホールでした。

挿入直後は横ヒダの刺激がしっかり感じられますが、ライドジャパン特有のゾリゾリといった感じは一切なく、よくある横ヒダといった感じでしたね。
その後の縦ヒダ、波型ヒダに関しても同様に非常に柔らかい刺激を与えてくれます。
こちらも同様にゾリゾリ感はまったくありません。

柔らかいからダメというわけではなく、優しく包み擦る系のオナホールになっており、ゾリゾリを期待しなければ実用性に耐えうる程度のクオリティは保っています。
ただ、タイトルから期待するオナホールの使い心地とはかけ離れてしまっている感は否めません。

ソフトな刺激が好みの人にはオススメできるオナホールですが、ライドジャパンのヒダホールとしては物足りなさを禁じえない結果となってしまいましたね。


今回レビューしたオナホールはこちらから
ライドジャパン「淫極ゾリティメット
Amazon
NLS