TENGA-GEO箱TENGAのTENGA GEO AQUA。
TENGAの新シリーズはかなり特徴的な見た目のオナホールです。
見た目にこだわりすぎてたまにやらかすこともあるTENGAですが、今回はどうでしょうか。

もはやオナホールじゃなくオナボール

TENGA-GEO箱
 
今回はTENGAから発売されているTENGA GEO AQUAをレビューしてみます。
見た目からオナホール性を感じさせないのはもはやお家芸といった感じのTENGAですが、今回は特にデザインが尖がってますね。
見た目は丸いですけど。
TENGA GEO

3種類同時発売でして、全部丸いです。
まぁ、GEOが地球を意味するとのことなので、丸いのも納得せざるを得ないところですね。

TENGA-GEO本体

本体は縞々の球状でかなりプルプルします。
反発力はそれほど高くなく、TENGAディープスロートの樹脂部分に近い触感ですね。
重量は200g、臭いとベタ付きはほぼありません。

TENGA-GEO裏返し
 
裏返してみた画像がこちら。
ツルンツルンです。
それもそのはず、これが使うときの形です。
さっきまで見てた波々の縞々が本来の内部構造にあたるわけですね。
そういえばずいぶん前にもTENGAでそんなのありましたね。

ということで、凝った仕組みとは裏腹なシンプルな内部構造。
横ヒダの延長みたいなものなので不安は一切なく試していけますね。

安定の使用感でも完璧など無かった

柔らかいヒダにエンドレスで撫でられる。

波の横ヒダが亀頭周辺をとにかくペロンペロンしてきます。
ヒダの背が高いので、ぞりぞり感は一切なく非常に優しい使用感にまとまっていますね。
シンプルといえばシンプルですが、そうそう飽きもこない、例えるなら米みたいなやつです。
実用性としても十分の、さすがTENGAといった安定感ですね。

惜しむらくはその形状からくる根元への物足りなさ。
伸縮性が全くないわけではないですが、根元まで伸ばすと亀頭が窮屈になってしまい快感は半減しちゃいますね。
かといって根元側が気持ちよくなるかと言ったらそうでもなかったりと。
結局気持ち良い使い方は先端重視という形になってしまいますね。

TENGAといえどもやはり完璧ではないということが図らずも露見してしまいましたが、トータルでみれば十分なほどの実用性は感じます。
そしてそもそも裏返しで飾っておく物なので洗うのも簡単です。
好き嫌いがそんなにでなさそうな使用感なので広くおすすめできますが、机に置いておいても早押しボタンにしか見えないので、家族と暮らしている人には特に選択肢として推しておきます。


今回レビューしたオナホールはこちらから
TENGA「TENGA GEO AQUA
Amazon
M-ZAKKA