yuirpuls本体KMPから発売されているユイラ プラス ニュースタンダード。
KMPの看板と言ってもいいカップホールシリーズですが、 初代から3年半を経てニュースタンダードといった形でリニューアルした模様です。

オナホール顔負けの重量感

yuirpuls本体

今回はKMPから発売されているユイラ プラス ニュースタンダードをレビューしてみます。
初代から圧倒的吸引力の触れ込みでオナカップ界を賑わせたユイラですが、 この度リニューアルしたとのことなので試してみましょう。

本体重量は約300gとちょっとしたオナホールよりも重量感のある作りとなっています。
ひょうたん型の上のふくらみ部分は少し柔らかくなっており、握って圧力を変えられる仕組みになっているようですね。

yuirpuls挿入口
yuirpuls蓋

キャップを開けると真っ白な樹脂が顔を出します。
ローションインタイプではなく、キャップの裏にローションが備え付けられていますね。

ユイラプラスニュースタンダード内部構造

内部構造は縦筋とイボが組み合わさった複雑な形をしています。

ユイラプラスニュースタンダード
 
そして大きな特徴として、赤い部分、高弾力のネットが埋め込まれているそうです。
ここがニュースタンダードの特にニューの部分ですね。
ちょうど握れる部分と重なっており、このオナカップの肝になる部分と思われます。

かなりの肉厚に圧倒的吸引力と高弾力ネットということで、期待も高まりますね。

キツいはキツいがキツいだけ

ぎゅ~ってなる以外よくわからない。

かなりの肉厚樹脂をカップに詰め込んでいるので、挿入したときに樹脂の逃げ場がなく非常にキツくなることは間違いありません。
ですが、キツすぎて内部構造がすべて死んでしまっている感があります。
圧に耐え切れずほとんどの構造が潰れてしまい、ただただのっぺりした樹脂で擦るだけの感覚。
せっかくの高弾力ネットも活躍の場がそもそも奪われてしまっているといった感想ですね。

空気穴を開いたらギミックが活きることもなく、閉じてしまえばストローク事態が困難。
これを圧倒的吸引力と言うなら否定はしませんが、色々こだわって盛り込んだはずのギミックが台無しになってしまっているのはとても勿体ないと感じます。

手で本気でギュッと握られたまましごかれるのが好きな人には悪くないのかもしれませんが、 残念ながらある程度一般的な嗜好の人にはあまりオススメできないかもしれません。


今回レビューしたオナホールはこちらから
KMP「ユイラ プラス ニュースタンダード
Amazon
M-ZAKKA