ヴァギナモーションロングプレイング箱ライドジャパンから発売されているヴァギナモーションロングプレイング。
長時間専用と銘打たれた長くやりたい人向けオナホールです。
気持ち良いのが長続きするならそれほど幸せなことはないのですが。

シンプルだけど珍しいヒダの形

ヴァギナモーションロングプレイング箱
 
今回はライドジャパンから発売されているヴァギナモーションロングプレイングをレビューしてみます。
ロングプレイが出来るオナホールということで、早漏な人には非常に魅力的なコンセプトとなっています。
まさかあのライドジャパンが、長持ちできる秘密はそれ程気持ち良くないからとか、刺激が少ないから、みたいな逃げの姿勢をとるはずはないはず。
秘密を探ってみたいと思います。

ヴァギナモーションロングプレイング本体
 
本体は「いつもの」と言いたくなるくらいライドジャパンらしいピンク色です。
全長175mmと、ちょっと細長いのが特徴ですね。
素材は「いつもの」バンジータッチですがちょっと柔らかめな気がします。
べた付きも臭いも若干ありますがそれほど気にならない程度。
重量は400gと長めな分だけ重くなった感じです。

ヴァギナモーションロングプレイング挿入口
 
挿入口からは食虫植物のようなツンツンが見えます。
食虫植物のネバネバしたところってちょっとエロいですよね。

ヴァギナモーションロングプレイング裏返し
 
裏返すと食虫植物のようなツンツンが全体に広がっているのがわかりますね。
よく見ると普通のヒダとは違い、挿入口に対して縦向きについているようです。

4562309511770-2
 
公式の画像で見てもやはり縦向きにヒダがついていますね。
裏返した時は結構隙間が目立つように見えましたが、通常の状態だと密集しているのが見て取れます。
一番奥はバキュームを生み出すためのスペースがついていますが、あまり大きくはないようですね。

果たしてこの縦ヒダの群れがどのような感触なのか。
そしてちゃんとロングプレイできるのか、試してみましょう。

長時間ず~っと気持ち良い

なが~いお付き合い、ロングプレイング。

挿入直後からヒダの存在感はしっかりしており、決して微刺激ホールではありませんでした。
逆に刺激はその辺のオナホールと比べても遜色ない程度にはあるくらい。

何が違うかというと、当たる面積と当たってからの反発力ですね。
まずヒダが縦長に設置されているので、ムスコに当たる面積が小さい分だけファーストインパクトは小さいです。
ところがヒダ一つ一つは小ぶりなので、ストロークの圧力で縦横無尽に捲れます。
そして捲れるたびにムスコに絡みつき、それが無数に重なることで結果としてそれなりの刺激の強さとして感じられます。

ここまではそれほどロングプレイの要素がないわけですが、なぜこれで長時間プレイができるのか。
ひとえにヒダ一つ一つがとにかく柔らかい。
刺激はしっかり感じられるのに、優しいという二律背反が成り立ってしまっているんですね。
このバランス感覚はさすがはライドジャパンといったところでしょうか。
実用性はかなり高いです。

一回のプレイ時間も、このホールとの付き合い自体もロングになりそうな感じですね。

今回レビューしたオナホールはこちらから
ライドジャパン「ヴァギナモーションロングプレイング
Amazon
オナホスター