くぱぁトリップまったり生体柔軟壁箱マジックアイズのくぱぁトリップまったり生体柔軟壁。
ゾリゾリが強かったくぱぁトリップの続編です。
ハードタイプとソフトタイプの二種が発売されています。

構造は新バージョン

くぱぁトリップまったり生体柔軟壁箱

今回はマジックアイズから発売されているくぱぁトリップまったり生体柔軟壁をレビューしてみます。
前作のくぱぁトリップはオナホールの中身よりも、色や外装といった見た目にインパクトがあったオナホールでした。
もともときつめでしたが、ソフトタイプになったということで使いやすくなったのでしょうか。

くぱぁトリップまったり生体柔軟壁本体
 
本体はピンクです。
真っ黒だった前作に比べれば柔らかい印象になりましたが、歯車のような模様は相変わらず。
なかなかここまで細かく模様に拘っているオナホールも少ないので、思わずカッコイイと思ってしまいますね。
硬さはというと、かなり柔らかい感じになっています。
臭いは若干あるものの、ベタ付きはあまり感じないですね。
重量は340gとなかなかの重みも感じます。

くぱぁトリップまったり生体柔軟壁挿入口

側面の柄に比べると挿入口は簡素な作りです。
くぱぁトリップまったり生体柔軟壁箱くぱぁ
 
その分くぱぁした時の見た目がえっちぃ感じになりますね。

4571324242378-02

内部構造は前作のゾリゾリ系からうって変わって、無次元構造になったようです。
これだけ柔らかくなってくると、細かいヒダがなかなか作りにくいのかもしれませんね。
もっともソフトと無次元は相性が良いことがわかっているので安心して使えそうです。

前作のような刺激の強さを完全に捨て去ったようなソフトタイプですが、実際の使用感はどうでしょうか。

思った以上に優しい刺激

長時間ぐにょぐにょしてられるやつ。

触り心地で刺激は強くなさそうなのがわかっていましたが、想像以上に柔らかい感じでした。
無次元といってもただの無次元ではなく、イボ・ヒダがいたるところに配置されていて時折顔を出してくる。
ここに何かいるぞ、と感じながら色々な角度にひねってみるのが楽しいです。

素直にストロークした場合はねっとりした内壁が絡まり包まれる、ソフト素材ならではの感触がしっかり出ていますし、低刺激ながらも射精まではちゃんと導いてくれます。

ピンポイントにどこかを攻める、というよりは全体的にまったりと気持ち良くなってください、といった感じの使用感なので、快感自体は全体にぼやけちゃます。
が、その分ほっこりとした気分が長続きする良オナホールだと思います。


今回レビューしたオナホールはこちらから
マジックアイズ「くぱぁトリップまったり生体柔軟壁
Amazon
NLS