天下一穴剛柔二層変化_箱ライドジャパンの天下一穴剛柔二層変化。
天下一穴シリーズも第三弾となりました。
商品名の通り、今回も二層構造は引継いでいます。

途中から二層になる変則型構造 

天下一穴剛柔二層変化_箱

今回はライドジャパンから発売されている天下一穴剛柔二層変化をレビューしてみます。
初代が根強い人気を誇っているシリーズの第三弾ですね。
初代、二代目と続いてきた二層構造は健在ですが、今回は一味違うみたいなので張り切ってレビューしていきましょう。

天下一穴剛柔二層変化_本体
 
こちらが本体。
おや、と思う人もいるかもしれませんが、今までとは色が違いますね。
過去二作は肌色だった表面がピンクに変わっています。
なんと天下一穴初のバンジータッチ仕様ですね。
高弾力でもちもちとした触り心地です。
重量は390gとなかなかの重み。
臭いもベタつきもそれほど気にならない程度です。

天下一穴剛柔二層変化_挿入口

こちらが挿入口奥の方に突起が見え隠れしますが、大きな特徴は感じません。

天下一穴剛柔二層変化_裏返し

裏返すとなかなか異様な見た目になりますね・・・。
ピンクの層がソフト、赤黒い層がハードとなっており、完全な二層構造ではなく部分的に二層にした感じになっているのがわかります。
ソフトの層には縦長のヒダともイボともつかない突起が付いており、ハード部分は横ヒダのような縞模様と、硬さだけでなく構造も変化をつけてきていますね。

4562309511718-2-400x400
 
公式の画像で見ると、ソフトとハードの間に子宮口らしきものがついているようです。
ハードとソフトを分かつ関所みたいな感じですね。
子宮構造はライドジャパンのお家芸の一つなので、ここの感触も期待できるかもしれません。

これだけ拘っていて気持ち良くないなんてことは無いと思いますので、安心して突っ込んでみましょう。

ソフトでもハードでもイける

亀頭派も竿派も納得の仕上がり。

想像以上に色々な快感が楽しめるオナホールでした。
ソフトはソフトで突起が絡まって気持ち良いですし、ハードはハードでゾリゾリと亀頭に引っかかる感触が気持ち良い。
子宮口を中心に往復するのもアリ。
何でもできるってのは素晴らしいと言わざるを得ません。

色々な構造がついているわりに、ソフト部分とハード部分がはっきり分かれているので快感が迷子にならないのも良いところですね。
関所がしっかり仕事をするので、自分の思い通りのストロークがしやすいです。
それだけじゃなく関所を通過するときも子宮構造のクポクポ感が生まれるのでお得な気分。

刺激がそこまで強いわけでは無いですが、全体に様々な刺激が感じられるので、気持ち良く射精まで辿り着けます。

ただ一つ残念なのは、一番奥に突っ込んだ時の亀頭が寂しい点ですね。
一番奥も子宮構造がついているようなのですが、そこがあまり仕事をしない。
もしかしたら仕事はしているのに手前の関所の存在が大きくて気付きにくいだけかもしれませんが。
そこが改善されていればかなり評価の高いオナホールになったかもしれません。

ちなみに素材が変わったことについては、同一構造で試してみないと成功か失敗かわからないです。
ライドジャパンさんがベビータッチ二層バージョンも出してくれることを期待しておきましょう。


今回レビューしたオナホールはこちらから
ライドジャパン「天下一穴剛柔二層変化
Amazon
NLS