赤裸々サンクチュアリ_箱maccos japanの赤裸々サンクチュアリ。
聖域の名前の付いたオナホールです。
女体の聖域、人によってイメージする箇所は違うとは思いますが、何やら神秘的な響きですね。

三種の名器の詰め合わせ 

赤裸々サンクチュアリ_箱
 
今回はmaccos japanの赤裸々サンクチュアリをレビューしてみます。
コスパの高い大型ホールメーカーのイメージが強かったですが、ここ1年くらいはなかなかのペースで中型ホールをリリースしており、アダルトショップや通販サイトでも目にする機会が一気に増えましたね。
パッケージの素材も特徴的で、かなり厚めの段ボールに近い素材が使われています。

赤裸々サンクチュアリ_本体
 
本体はおっぱいの無いトルソー型のような形をしています。
挿入口あたりがもっこりと膨らんでおり肉感的なイメージですね。
重量は中型としては重い部類に入る530g。
ズシっとした重さを感じます。
硬さは指で押す分には普通程度ですが、重量の分だけ肉厚があるので握ったりすると少し硬めに感じるかも。
また若干の臭いとベタ付きはあるので、気になる人はいるかもしれませんね。

赤裸々サンクチュアリ_挿入口
 
挿入口は女性器を模しており、もりまん気味に膨らんでいます。
お尻から太ももの付け根部分まで表現されていて雰囲気が出るのがトルソー型の良いところですね。

赤裸々サンクチュアリ_裏返し
 
内部は二層構造になっています。
特に目立つのが真ん中あたりに走る不規則な筋ですね。
あまり数も多くないのでそれほど高刺激と言った感じではなさそうです。
入り口付近と奥の方は引っ張られてしまってどうなっているのか見当が尽きません。

赤裸々サンクチュアリ_内部構造
 
こちらが公式の内部画像です。
数の子天井、ミミズ千匹、たこつぼと、一個でも備わっていたらレアな構造が三つの備わった贅沢な作りになってるようです。
真ん中の筋はミミズだったみたいです。
裏返しでよほど引っ張られていたのか、思った以上に密集したヒダになっていましたね。
数の子天井の入り口は細かいイボ、一番奥のたこつぼはキュッとくびれが入っておりなかなかギミックに富んだ構造になっているようです。

リアルな膣内感触を追求したということですが、リアルにしてはかなり盛り込んじゃった感もある構造。
どれだけリアル感があるのか楽しみですね。

リアルとはなんぞや?

悪くは無いけどリアルかというと…

肉厚が無かったら危なかったかもしれません。
色々盛り込んだ割には刺激は複雑にならずシンプルな使い心地です。
それが良いのか悪いのかと言えば、この赤裸々サンクチュアリの場合は悪い方向な気がします。

まず入り口付近の数の子天井はほとんど存在感がありません。
挿入時に意識すればそこに在ることは分かりますが、範囲が狭い事もあり根元あたりに刺激を伝えるには物足りなく、先端が通り過ぎたあとは空気のような存在になってしまいました。

次にミミズ千匹。
ここがこのオナホールの刺激の8割以上ですね。
ミミズというほど柔らかくない、筋のようなコリコリ感があります。
筋がランダムに走っているので不規則な刺激ですが、何か物足りない感は否めません。

たこつぼ部分は若干狭く縊れているのは分かるものの、キュポっとした刺激にはならず快感が生まれるかというと難しいです。

色々盛り込んだ割にシンプルな刺激で、特に目立った部分もない。
全体的に刺激が弱いわけでは無いけど、ここが良いんだ!って部分も見つからない。
無難と言えば無難。
ただ肉厚が物足りない部分をなんとかカバーしている、といった感じの印象でした。
これ!って部分が無く全体的にモヤッと気持ち良い、ある意味リアルなのかもしれません。


今回レビューしたオナホールはこちらから
maccos japan「赤裸々サンクチュアリ
Amazon
NLS