ふわじゅくロングアルプスストローク_箱ライドジャパンのふわじゅくロングアルプスストローク。
思い出したように発売されるライドジャパンのソフト系横置きホール。
あまり失敗したイメージも無い、安定感のあるシリーズです。

ウネウネ広がる山脈ヒダ 

ふわじゅくロングアルプスストローク_箱
 
今回はライドジャパンから発売されているふわじゅくロングアルプスストロークをレビューしてみます。
年に何個か発売されるライドジャパンのふわトロ系ですが、やたら尖がった発想の物以外はどれも安定、というか僕好みだったりするので今回も期待です。

ふわじゅくロングアルプスストローク_本体

本体は真っ白で特別変な模様もなく、少しざらっとした表面となっています。
全長190㎜と、名前の通りの長めのボディとなっていますね。
素材にはソフティタッチというふわトロ系のライドジャパン独自素材が使われており、ほぼ何の抵抗もなく沈み込む程の柔らかさとなっています。
重量は470gとハンドホールとしては十分な重量感。
ベタつきは若干あるものの、この柔らかさにしては十分抑えられていると感じます。
臭いもほぼ気になりません。

ふわじゅくロングアルプスストローク_挿入口
 
入り口はビラビラが随分広がった造形をしていますが、公式サイトによると熟女がテーマっぽいので、そういう意味では再現度は高いのでしょうか。

ふわじゅくロングアルプスストローク_くぱぁ
 
ちょっと広げただけでも山ヒダがズラっと並び渦巻いてるのがわかります。

ふわじゅくロングアルプスストローク_裏返し
 
裏返し。
山ヒダが最後まで斜めに走っていますね。
他に目立ったギミックも無く、シンプルに渦巻の山ヒダだけの構成のようです。

ふわじゅくロングアルプスストローク_内部構造

公式の画像でみても印象はほぼ変わらないですね。
素材が引っ張られていない分、ヒダ山の感覚が狭くなっているので細かい刺激が楽しめそうな感じです。

シンプルということはそれだけ良い悪いがハッキリしそうですが、これまでの過去作品を考えれば期待度は非常に高いんじゃないでしょうか。

ロングストローク向けだがロングプレイは難しい

優しい刺激なのにがっつり搾り取られる快感。

やはり失敗しませんね。
ふわトロ系素材なので密着度や吸着力と言った部分は申し分ないんですが、山ヒダがそれに潰されずしっかり存在感を発揮しています。
縦向きのヒダもそこに刻まれた横ヒダも大振りに作られているので、それぞれが割とはっきりした刺激を演出しており、ふわトロ系にありがちなのっぺりした快感とは一線を画すオナホールとなっています。

そして何よりも渦巻き構造とロングストロークの相性の良さを感じます。
短いボディで渦巻き構造を作っても、渦を巻く前に往復してしまいがち。
190㎜のロングボディ&よく伸びるふわトロ素材だから実現できるスパイラル感は是非とも試してみて欲しいです。

肉厚、渦巻構造、密着感とほぼ言うことなしの良オナホールでした。
特にふわトロ派、ソフト派は一見の価値ありじゃないですかね。
快感度はかなり高めなので、ちょっと油断するとロングプレイが難しいのでご注意です。


今回レビューしたオナホールはこちらから
ライドジャパン「ふわじゅくロングアルプスストローク
Amazon
M-ZAKKA