天下一穴バンジータッチの巻_箱ライドジャパンの天下一穴バンジータッチの巻。
個人的には、ライドジャパンのオナホールではヴァージンループに次ぐ人気なんじゃないかと密かに感じている天下一穴シリーズの最新作です。

人気の構造と人気の素材が合体

天下一穴バンジータッチの巻_箱

今回はライドジャパンから発売されている天下一穴バンジータッチの巻をレビューしてみます。
天下一穴といえばこれまでは二層構造のシリーズでしたが、今回はヴァージンループでお馴染みのバンジータッチの一層構造ということで、どんな感じに変わったのか楽しみなところです。

天下一穴バンジータッチの巻_本体
 
こちらが本体です。
これぞバンジータッチといった感じのピンクの外見です。
気持ち柔らかめですが弾力は高くもっちりとした感触。
きめ細かく張りのあったベビータッチとはまた違った触り心地ですね。
油っぽさはそれほどありませんが臭いは少し感じます。
重量は400gですが少し長めな分だけ細身に見えますね。

天下一穴バンジータッチの巻_挿入口
 
挿入口はシンプルな形ですが、オナホール自体のフォルムが四角っぽい為に特徴的な見た目になっていますね。

4562309511855-2-400x400

内部構造はノーマル版の天下一穴とおそらく変わらずの形状です。
手前側には大きめのイボが密集しており、奥には子宮スポットがあります。
大きく目立つのはこの2つのギミック。
特に子宮口の溝が大きな分、子宮スポットが際立ちますね。

ノーマル版ではこのイボと子宮スポット両方がそれぞれに分かりやすい位に主張していましたが、このバンジータッチの巻ではどんな使用感になっているでしょうか。

期待を裏切らない完成度

素材選びの大切さを感じる。

実用性は天下一穴ノーマル版に負けず劣らずの高性能だと思います。
挿入直後のイボは根本を中心にしっかり挟み込んでくれますし、子宮スポットの吸着もまずまずと、ストロークしていて楽しいオナホールに仕上がっています。
さすが人気ホールの構造を踏襲しているだけのことはあると、期待を裏切らないオナホールでしたね。

それにしても素材が変わるとこんなに使用感も変わるのかと。
イボにせよ子宮スポットにせよ、刺激や構造がはっきりわかるノーマル版に比べ、バンジータッチの巻は若干マイルドになっています。
もちろんそれぞれの構造がしっかり仕事をしているのはわかりますが、ムスコに吸い付くようにまとわりつく感覚が強く、その分だけ刺激も他のギミックとの協調性が生まれている気がします。

甲乙付け難い部分はありますが、ノーマル版の刺激が強かったと感じる人にはバンジータッチの巻が丁度良く感じられるかもしれません。
逆にバンジータッチの巻では子宮スポットのクポクポ感も弱くなっているので、ソフト過ぎると感じる人も多数いそうで、結構はっきりと派閥が分かれそうですね。

今回レビューしたオナホールはこちらから
ライドジャパン「天下一穴バンジータッチの巻
えむ蔵
M-ZAKKA