姉搾り_箱モープルトイズの姉搾り。
前回のワインドスクワッシュ同様、新規メーカーモープルトイズのデビューオナホです。
姉搾と書いて「ねねしぼり」と読むようです。読めない。

外の柔らかさと中の硬さのギャップが大きい

姉搾り_箱

今回はモープルトイズから発売されている姉搾をレビューしてみます。
前回紹介したワインドスクワッシュでは新規参入としてはまずまずの実力を示してくれましたが、なにせあくまでも6種類同時発売のうちの1つ。
当たりが6分の1では寂しいので、この姉搾も素敵なホールであることを祈りつつ使ってみましょう。

姉搾り_本体

こちらが本体。
モコモコとした模様が付いたちょっと細身の形状です。
素材は普通くらいの硬さですがハリのある触り心地の物が使われています。
臭いもべた付きもほぼ無いですが、油っぽさは感じるような触感ですね。
それほど大きさは感じないサイズですが、重量は310gとまずまずなので結構中身が詰まってるようなイメージです。

姉搾り_挿入口

姉搾り_くぱぁ

挿入口を広げたら中身は赤い別素材になっていました。
赤い部分は外側の素材に比べて触って分かる程度に硬めの素材が使われています。

姉搾り_内部構造

こちらが公式の内部画像です。
肉パイプ的なものが色んな方向に走っているのがわかりますね。
一番奥は子宮スポット風ですが、その手前に目立った窪みも窄まりも無いのでどれほど機能するかはわからない感じですね。

それほど特徴的な構造ではなさそうですが、素材との相性で一気に変わることもあるのがオナホール。
いらん先入観なしで試してみます。

不意を突かれるゴリゴリ刺激

ソフトな入り口とは裏腹に中身はかなりのゴリゴリ系。

内部素材がある程度硬いのは分かっていましたが、こんなゴツゴツゴリゴリな刺激になるとは。
挿入口付近は柔らかい感触なので、その先のかなり刺激系寄りなバランスには一瞬戸惑うかもしれません。
かといって痛いレベルでは無く、良い感じに搾り取られるくらいのバランスは取れています。
オナホールとしては十分に働いてくれます。
肉パイプは表面のゾリゾリもちゃんと感じられるので、ゴリゴリしているだけの単純な刺激だけではない楽しみがあります。

案の定、一番奥の子宮スポットらしき部分は特に変わった刺激があるわけでもなく、ここまでの延長線上の刺激にとどまっています。

竿への刺激が大きい分、亀頭まで強い刺激があると何が何やらとなってしまいそうなので、これはこれで良かったのかもしれません。

まとめると、全体的に竿への刺激が中心となるオナホールと言った感じです。
ゾリゾリ擦られる刺激も感じられますが、基本的にはゴリゴリ感が強め。
ハード系一歩手前くらいの強刺激が楽しめるオナホールでした。

今回レビューしたオナホールはこちらから
モープルトイズ「姉搾」
えむ蔵
M-ZAKKA